Slide 1 Slide 2 Slide 3

topText01

topText02

topText02

Idegawa Naoki Profile

Naoki Idegawa

所属チーム:Devinci/STRIDER
生年月日:1980年4月22日(31歳)
株式会社SOUND SPEED / 代表取締役社長
『業務内容』
・マウンテンバイクチームの運営
・講習会やスクールなど
・イベント企画・運営
・MTBを含めたOUTDOORスポーツの普及活動
・選手の派遣
・商品や製品の企画・テスト・アドバイスなど
その他MTBに関する様々な事を行っております。

Naoki Idegawa

競技:マウンテンバイク・ダウンヒル
競技歴:24年(エリートクラス20年目)
所属チーム:AKI FACTORY/STRIDER
生年月日:1980年4月22日(34歳)
身長:172cm/体重:72kg
※4人の男の子を持つ父親でもあります

(株)Sound Speed ・代表取締役
【業務内容】
・マウンテンバイクチームの運営
・講習会やスクールなど
・イベントの運営・企画
・MTBを含めたアウトドアスポーツの普及
・選手の派遣
・製品や商品の企画、テスト、アドバイス
・その他にもMTBに関する様々な活動を行っております

CAREER

12歳の時に初めてクロスカントリーのレースに初参戦し、その後15歳まではクロスカントリーとダウンヒルの両種目に出場。高校生の時にはロードやピストの部活動も行いながらも、16歳でダウンヒルに的を絞り、その年に初めて開催された全日本選手権で優勝。
2001年からはワールドカップチームのグローバルレーシングに所属し、2年間は海外を中心に活動したのち、HONDA RACING立ち上げからチームに加入し、2年連続ナショナルチャンピオンを獲得。現在はレース活動の他にも若手選手の育成やMTBの普及の為に各地で活動しております。

・1996年 エリートクラス(国内最高峰)に昇格/全日本選手権大会=優勝
・2001~2002年 日本人で初めて海外チームに所属し海外を中心にワールドカップをフル参戦
・2003年 G-CROSS HONDA発足初年度にチーム加入
・2005年 ジャパンシリーズ 1位/ナショナルランキング 1位
・2006年 ナショナルランキング 1位/全日本選手権 1位
・2007~2008年 アジア選手権大会 1位
・2009年 シリーズランキング 1位
・2010年 ナショナルランキング 3位
・2011年 ナショナルランキング 3位 ・アジア選手権 2位 ・全日本選手権 2位
・2012年 ナショナルランキング 1位
・ 2013年 全日本選手権 1位
・ 2014年 Red Bull Holy Ride 1位

Movie

Idegawa's Vision

Ideas

過去や現在、全ての事や人に感謝をし、責任感を持って目標を達成することで、喜びを多くの人と分かち合える世界一の人間になる。
この理念を基本にこのプロジェクトの目標達成を実現し、この考えを共有できる選手育成を行い、多くの方に伝えて行きたいと考えています。

Vision

先ずこれまでに日本人が誰も明確な目標としてこなかった世界チャンピオン獲得という目標に向け、2015年までの3年間で計画通りに目標達成して行きます。
また、これまでに培った技術や情報を最大限に生かし、日本人選手が世界で活躍できるよう環境や選手の育成と補助を行います。
これらの世界一を目標とする事が常識となる新たな道を作ることで、日本のマウンテンバイク業界全体の意識を変え、世界を目指す選手を全体で応援しマウンテンバイクの普及に繋がるよう活動して行きます。

Purpose

最終目標の目的は日本のマウンテンバイク業界の発展と世の中への普及です。
その為にも先ずは自分が掲げた目標までに必要な事を逆算し計画し、
1つずつ達成して行くことで最終目標を達成したいと考えています。
また、マウンテンバイクだけに関わらずマイナースポーツと言われるスポーツにはたくさんの障害があります、世界で勝つために必要な情報や方法を多くの選手に知って貰いたいと思います。

Plan

・2013年はワールドカップランキング50位以内、国内戦の連覇、アジア選手権1位を目標に活動します。
・2014年はワールドカップランキング20位以内、国内の連覇、アジア選手権の連覇を目標に、育成人材を1名チームに加入し活動を開始。
・2015年は世界チャンピオン獲得、国内戦の連覇、アジア選手権の連覇、人材育成の選手をワールドカップへスポット参戦させ、目標を80位以内の予選突破とする。
・2016年は人材育成に力を注ぎ、1人目の選手をワールドカップへフル参戦させ、ランキング50以内を目標とする。また、2人目の選手をチームへ加入し新たな人材育成を行う。
・2017年は1人目の選手がワールドカップランキング20位以内、2人目の選手は50位以内、また新たに3人目の選手を加入し選手育成を継続。
・2018年は1人目の選手が世界チャンピオンを獲得、2人目の選手は20位以内、3人目の選手は50以内を目標とし継続します。そしてワールドカップで多くの日本人が活躍するシステムを作り上げることを計画します。

Promote

人生において目標を達成する事、1番になると言うことは簡単な事でありません。
これまで日本のマウンテンバイクの業界では選手を育成するというシステムは存在せず、自己流で行って来てました。その結果、成績やチームの存続、活動資金難などで多く問題を抱え目標を達成できず諦めて行った選手も多くいました。
勝負に勝つことやレースを続けると言うことは運だけでは実現することは出来ません。
全ては計画であり、勝つための技術なのです。その技術は学ぶ事が1番早く習得でき、
目標達成への1番の近道でもあります。
しかしながらそういった学ぶ場所や方法もなく自己流でやって来た事が、年齢の若い時から実績を出す事が難しく必要以上の時間を過ごして来たり、先輩方が培った技術や勝つための情報も活かせる事が出来ていませんでした。
マウンテンバイクのレースの世界では勝つために多くの技術とノウハウが必要です。
例えばメンタルコントロール、明確な目標設定、目標達成に必要な計画、技術、戦術、
バイクのセットアップ能力、データ、トレーニング方法、資金調達など・・・。
たくさん必要な事がありながらもこれに気が付いていなかったり、実践していなかたりする事がほとんどです。これらは学ぶ事で気が付き早い段階で実行する事で、自分の目標を達成する事が可能になります。
この様にこれまで自分が培った実践的で効率的な技術や情報を発信し、これから世界で通用する選手が多く育つよう人材育成を行って参ります。

Contact

Send us a message

Send us an e-mail and we will get back to you in 24 hours.

* = required field